読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OpenBlocks AX3にVyatta 6.4をインストールする

OpenBlocksはARMプロセッサを使っており, 一般的なi386, x86_64アーキテクチャ用のビルドだとそのまま使うことはできません. そこでarmelアーキテクチャ用に自分でビルドし直す必要性があります.

そこで, OBDNマガジン: OpenBlocks AX3でVyattaを動かす(ビルド編)を見ながらvyatta入りkernelをビルドしようとしたのですが, kernelに当てるunionfs.diffがリンク切れになってたりと、結局ビルドできませんでした。
よーく探すと Vyatta CORE for OpenBlocks AX3 にビルド済みのisoが置いてあったので結局これを使うことに. OBDNマガジン: OpenBlocks AX3でVyattaを動かす(起動編) を参考にしながらこのisoを使ってOpenBlocksにVyattaを導入することに成功しました.
具体的には, ODBNマガジンの起動編「 ◆OpenBlocks AX3でVyattaをlive起動」以降の手順を踏めば良いはずです.