Ubuntu10.10にsun-java6-jdkをインストールする。

※時間がない人は下の「最新版のsun-java6-jdkをインストールしようとしてみた」から読めば十分です。


eclipseの導入解説のページなどで、「sun-java6-jdkをインストールせよ」というような記述が見られるが、Synpatic Package Managerから検索を掛けてもsun-java6-jdkは見つかりません。デフォルトではopenjdkってパッケージが使われて、普通はこれで問題なくJava関係が扱えるようになるようだ。

でも、なんとなく気持ち悪いのでsun-java6-jdkをインストールする方法をちょっと探してみた。

Ubuntu 10.10
To install Sun's Java 6 JDK on Ubuntu 10.10, add the Sun Java6 Community PPA and install:

add-apt-repository ppa:sun-java-community-team/sun-java6
apt-get update
apt-get install sun-java6-jdk
update-java-alternatives -s java-6-sun

http://java.dzone.com/articles/sun-java-6-ubuntu-1004-1010?utm_source=am6_feedtweet&utm_medium=twitter&utm_campaign=toya256ForRSS

とあります。試してみた。

sudo add-apt-repository ppa:sun-java-community-team/sun-java6
sudo apt-get update
sudo apt-get install sun-java6-jdk
sudo update-java-alternatives -s java-6-sun

上記のコマンドをターミナルから実行すればいいはず。

途中でライセンスの合意の画面が表示されたが、TabキーでOKを選択し、エンター。てな感じで進める。まもなくインストールは完了する。

だが、update-java-alternativesを行う段階で、

$ sudo update-java-alternatives -s java-6-sun
update-alternatives: error: no alternatives for xulrunner-1.9-javaplugin.so.
update-alternatives: error: alternative /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/lib/i386/libnpjp2.so for mozilla-javaplugin.so not registered, not setting.
update-alternatives: error: no alternatives for xulrunner-1.9-javaplugin.so.

と、エラーを吐かれる。
Bug #226911 “javaplugin alternatives are installed incorrectly l...” : Bugs : sun-java6 package : Ubuntuの記事によると、これは"the jinfo file"と呼ばれるものの記述が間違っていることが原因らしい。だが、記事によればこのBugに対して、Fix Released(修正版がリリースされている)とのこと。ということは、ppa:sun-java-community-team/sun-java6から入手したパッケージはバージョンが古いのか。


ということで、

最新版のsun-java6-jdkをインストールしようとしてみた

http://viva-ubuntu.com/?p=4204を参考にし、

  1. Synpatic Pacage Managerを開く
  2. "Settings(設定)"->"Repositories(リポジトリ)"を開く
  3. "Other Software(他のソフトウェア)"のタブを開く
  4. "Canonical Partners(Canonicalのパートナー)", "Canonical Partners(Source Code)(Canonicalのパートナー(ソースコード))"の欄にチェックを入れ
  5. CloseでRepositoriesのウィンドウを閉じる
  6. Synpatic Package Managerのウィンドウ左上のReloadボタンでパッケージのデータベースを更新する。
  7. 検索窓から"sun java"と検索し、"sun-java6-jdk"という項目を見つけたらそれにチェックを入れる
  8. Apply(適用)で、インストールが勝手に進む

最後のインストール段階でライセンスの合意とかがあるかもしれませんが、OKで。


最後に、java関係の互換パッケージがいくつかあるが(たとえばopenjdk)、sun-java6-jdkを使うように設定する。

ターミナルで

sudo update-alternatives --config java 

と実行すると

There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).

  Selection    Path                                      Priority   Status
------------------------------------------------------------
  0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      auto mode
  1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      manual mode
* 2            /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java       63        manual mode

Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 

と、現在インストールされているJava互換パッケージの一覧が表示されるが、sun-javaの番号(今回の場合2)を入力してエンターを押せば完了。